お手入れ後に赤みや痒みが出た場合

光脱毛をした直後は軽い熱さを感じるかもしれません。
これは脱毛機から出た光が発毛組織を破壊する際に発熱するためです。
火傷をしているような状態ですので、脱毛後は皮膚の表面温度が上がります。
肌が乾燥した状態となるので、脱毛部位を冷やして保湿をするようにしましょう。
殆どの場合、2~3日も経てば肌の赤みや痒みは治まります。
しかし、アフターケアが不十分だったり、肌の弱い人は、その症状が長引くことがあります。
症状が長引くと、赤い部分が茶色く変色し、色素沈着を起こす場合がありますので注意が必要です。
肌の異変を感じたらすぐに連絡をし、早い段階で皮膚科などの専門医で診察を受けましょう。
患部に余計な刺激を与えないように、お風呂場でゴシゴシ擦ったりするのは避けましょう。
また、ストッキングなど肌に密着する服装は避けるおくのが無難です。
赤みや痒みが治まらない原因は脱毛マシンの出力が高すぎることが原因かもしれません。
このようなトラブルに巻き込まれないためにも、事前にトラブル発生後の対応についても調べておきましょう。

ケノンでアンダーヘアの脱毛はできる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です